読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生のための海外旅行

大学生である私が、これまでの経験を基に、学生旅行の計画の方法などを書いていきます

【旅行計画2】航空券を購入する

行き先と期間が決まれば、次は航空券を購入(予約)します。

 

まず使うべきなのはスカイスキャナーというサイトです。

 

そこで東京↔︎行き先と、日時を入力します。

 

すると値段が安い順番に航空券の検索結果が出てきます。

 

1番に注目すべき点は値段です。直行便や、日本の航空会社(JALANA)は値段が高い傾向にあります。航空券の予算はいくらまで、とあらかじめ決めておくとスムーズだと思います。また、航空券の値段は思っているより安いことも多いです。ここで旅行全体のお金を抑えることができます。(しっかり調べれば2万円程浮きます)

 

2番目は、所要時間です。乗り換えがあると、時間が直行便の倍以上かかることがあります。しかし、乗り継ぎ便のメリットは何と言っても値段が安いということです。長期休暇で時間はたっぷりある、とい学生にはおすすめです。

 

3番目は、航空会社です。やはりレガシーキャリア(LCCの逆で、機内食が無料で様々なサービスが完備してある航空会社)の利用をおすすめします。私はLCCは利用したことがないので、感想などはお伝えできないのですが、機内食が有料であったり、会社によってはブランケットまでも有料だといいます。短距離路線ならばまだよいのですが、長距離路線ではかなり大変だと思います。座席もレガシーの方がよいです。

 

他にも、中国や韓国の航空会社は、安全性に不安がある人もいるかもしれません。また、その国の人が多くなっているため、中国人のマナーの悪い点が目につき、機内で過ごしにくい可能性もあります。

 

あとは、自分が英語がどのくらい使えるか、というのも航空会社を選ぶ上で大切だと思います。日系航空会社のCAはもちろんほとんどが日本人で、日本人には日本語で対応してくれます。また、海外の航空会社でも日本発着の便には日本語が話せるCAがいることがほとんどです。ただし、自分の対応をしてくれる人が必ずしも日本語が使えるわけではないということです。その場合は英語での会話になります。普通は機内食や飲み物を選ぶくらいですので、単語レベルで大丈夫ですし、指差しでも意思疎通は可能です。それでも不安な人は日系航空会社をおすすめします。

 

しかし、注意すべき点があります。それは海外の航空会社で、乗り継ぎがある場合です。日本から乗り継ぎ地に行くまでには、上記に書いたように日本語が話せるCAが乗っていますが、乗り継ぎ地から目的地に向かうまでの便には日本語が話せるCAがいない場合が多いのです。しかも、その乗り継ぎ地での手続きや免税店での買い物、食事などでも日本語はほとんど通じないことが多いです。

それなりに英語が話せればなんとかなりますが、全くダメという人には大変かと思います。

 

 

最後に私がよく利用する航空会社を紹介します。私はJALマイレージ会員なので、JALと提携のあるワンワールドの航空会社を利用することがほとんどです。(なぜANAではなくJALマイレージ会員になったかということについてはまた後日お伝えしたいと思います。)

 

カタール航空

ワンワールドなので、JALマイレージが貯まります。また、石油で潤っている国なので、エコノミーでもアメニティが充実してます。(歯ブラシ、靴下、耳栓、アイマスク)ハブ空港のドーハ空港で乗り継ぎになりますが、免税店もそれなりにあり、近未来的な作りになっていて時間は潰しやすいかと思います。カタール航空はなんといっても航空券が安いです。機内食も美味しいですし、アルコールも飲めます。ヨーロッパ各国に就航しているので、ヨーロッパ旅行の際に利用するのがオススメです。

 

エティハド航空エミレーツ航空

こちらはアラブ首長国連邦の航空会社です。エミレーツ航空JALマイレージが貯まります。2社とも比較的安く航空券を購入できますが、カタール航空よりは高いことが多いです。エティハド航空ANAマイレージが貯まりますので、ANAマイレージ会員の方にオススメです。

 

日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)

海外旅行が不安、英語があまり話せない、という方にオススメです。日本語で対応してくれますし、サービスの満足度などは世界トップクラスです。ただし値段が高いです。ですが、行き先によっては他の航空会社と大差がない場合もありますので、+1万円で日系航空会社に、というのはありだと思います。また、自社のマイレージ会員であれば、提携の航空会社に乗るよりマイレージが貯まりやすいです。(私はJALnaviというクレジットカードを所持しているため、JALを利用するとマイレージが100%貯まります。このカードは学生限定のものです。)

 

また、ここにはあげていませんが、韓国や台湾など短距離路線ならばチャイナエアライン大韓航空などのアジア系航空会社もオススメです。

【計画方法1】行き先を決める

まず何と言っても、行き先が決まらなければ旅行の計画は始まりません。

 

あの世界遺産を生で見たいから、とか、ご飯が美味しそうだから、とか、この前テレビで特集されてたから、などなど、行き先を決める方法はたくさんあります。

 

実際私も、ベルギー旅行はチョコレートが好きだから、クロアチアは写真で見たときの美しさに感動したから、などという理由で選んできました。

 

行き先がすぐに1つに決まればもちろん良いのですが、どこにしようかと考えて絞っていく人もいると思います。行き先の候補を挙げていくと、2・3カ国(都市)はすぐに思い浮かぶのではないでしょうか。

 

例えば、セブ島、パリなどが候補に挙がったとします。

 

まず第一に考えるのは、安全面です。最近テロが起きた、大きな地震が起きた、など命に関わることが起きていないか確認します。いくら行きたくても、自分の命が危機にさらされることは絶対に避けるべきです。

この3都市の中では、最近テロが起きたパリは候補から外れるかと思います。(1年経ったから大丈夫、と考える場合は除外しなくてもいいと思いますが、私であれば躊躇します。)

 

また、政治的な動きも命に関わる可能性がありますので、確認する必要があります。

 

その次に治安です。安全面とほとんど一緒ですが、何か大きな事件以外にも、常にスリなどの犯罪が起きている地域もあります。セブ島はリゾート地として有名ですが、フィリピンの他の地域ではストリートチルドレンが物乞いやスリをしたり、と治安は良くはないです。

 

その次に衛生面です。特に女性の方の多くが気にされるかと思いますが、アジア諸国はトイレなどの設備が日本に比べて劣ります。ホテルやデパートのトイレは綺麗ですが、台湾の夜市や路上にある公衆トイレなどは非常に汚いです。また、日本のようにコンビニなどが多くあるわけではないので、トイレ自体の数が少ないです。

 

この安全面、治安、衛生面、という3点で候補を削って行きます。

 

その後は費用と時間の兼ね合いです。

予算8万円でヨーロッパ旅行することは厳しいですし(航空券が最安値で6万円程ですし、加えてホテル代や食費などがかかります)、4日間でアメリカに行くのも厳しいです(片道9時間程かかります)。

 

ヨーロッパ、アメリカ本土:5日間以上、15万円は最低でもかかるかと思います

韓国、台湾:2日間以上、5万円

その他アジア諸国:3日間、7万円

オセアニアなどの島(リゾート地):4日間、10万円

 

(上記の日数は移動の時間も含みます。また、費用は航空券、ホテル代、現地での食事代や交通費などの滞在費を含みます。)

 

これはあくまで私が考えたものですが、学生旅行で費用を安く抑えたとしてもこのくらいはかかるのでは、という計算です。

また、日数は弾丸旅行での計算ですので、本来ならば+2日間ほど欲しいものです。

 

あとは絞られてきた候補地の中で、より魅力的だと感じ、行きたいところを、ここからは削るのではなく、加点方式で決めていくのが良いかと思います。

 

海外旅行は出発の3ヶ月程前から計画を立てるのが理想的だと思います。特に学生の場合、航空券は大きな買い物になりますので、もっと前から計画的に資金準備をする必要があるかと思います。

 

最終的に、行き先が決まれば、航空券など、具体的な費用を調べ、計画を立てることになります。

 

内容更新の仕方

これから学生のための海外旅行について、様々な情報を発信していきます。

 

記事タイトルについてですが、

【旅行先○】私自身がこれまで行った場所についての情報、またどのように計画、行動したかについてまとめていきます。

 

【計画方法○】どのように計画を立てるべきか、また手配の方法など実践的な部分をを1から具体的に説明していきます。

 

【旅行情報○】航空会社や、マイル、ホテルのシステムなど、役立つ情報を解説していきます。

 

(○にはそれぞれ番号が入ります)

【旅行先1】オーストラリア旅行

私にとって初めての海外旅行先が、オーストラリアのシドニーです。

中学生の頃から、海外旅行に憧れがあり、どうしても修学旅行先が海外である高校に行きたいと思っていました。

(そのため地元から少し離れた高校に進学しました。)

 

高校3年生は大学受験が控えているため、修学旅行(私の高校では研修旅行と呼ばれていましたが、わかりにくいので、修学旅行とさせてもらいます。)は高校2年生の時に行きました。

 

初めての海外旅行にもちろんテンションが上がって、様々なことについて調べた思い出があります。ご飯やお土産など、現地での行動はざっくり計画を立てていきました。しかし、授業の一環としての旅行だったため、自由行動の時間より全体での行動が多かったです。

 

例えば、現地の高校に行って、そこの学生と交流、珍しい動物がいるワイルドパーク、みんなで揃って食事、、などなど。

正直、あまり動物が好きではない私にとって、ワイルドパーク(しかも日本のように柵がしっかりしていない)での滞在は苦痛でした。早く出たい!と思っていたくらいです。しかし、タイムスケジュールが決まっているため、そうすることもできず、ひたすらに耐え待ち続けた記憶があります。

 

また、旅行会社が全て手配してくれていたため、飛行機の席は、空港について渡されたチケットで初めて知ることになり、その先でほぼ確定です。

私たち生徒は、添乗員の指示に従いチェックインをし、セキュリティチェックを受け、搭乗という流れになるのです。また、現地で何か質問などがあっても添乗員が聞いて答えてくれたため、あまり英語を現地の方と使った記憶がありません。

まあ、学校の修学旅行というのはどこも同じようなものだと思うのですが、やはり物足りない気はしてしまいます。

 

ここで言いたいのは、このような団体ツアー(旅行会社で出している添乗員付きのツアー)や大人数での行動は、他の人の意見や希望を組み込まなければならないため、自分が行く気のない所に行く可能性が出てくるのです。

 

私はこれは非常に時間とお金の無駄だと考え、私は海外旅行はできれば少人数、個人手配がいいと思います。

 

はじめまして!

本日からこちらのブログで、私のこれまでの経験を基にした「学生のための海外旅行計画」について書いていきたいと思います。

 

現在大学2年生で、都内の女子大に通っています。ブログの内容から分かるように、趣味は海外旅行です。詳しく言うならば、海外旅行の計画を立てるのが好きです。

「学生のための海外旅行計画」について、と言ったものの、もちろん毎月のように海外旅行に行ってるわけではありません。

(そんなお金はないですし、そんなに行っていたらまともに授業が受けれないので。)

 

これまでの海外渡航歴は

・オーストラリア(シドニー):高校2年冬。学校の修学旅行として、JTBの修学旅行パックのようなもので行きました。

・台湾(台北):大学1年夏。仲のいい友達2人で行きました。こちらはHISの航空券+ホテルのパックを利用しました。これが自分たちで計画した初めての海外旅行です。

・ベルギー(ブリュッセルブルージュ)、フランス(パリ):大学1年秋。この旅行は初の1人旅で、航空券、ホテルなど全て自分で個人手配しました。ブリュッセルからパリへは新幹線のような特急列車を予約し、陸路で移動しました。

クロアチア(ザグレブ、スプリット、ドゥブロヴニク):大学2年夏。こちらも1人旅、全て個人手配で、クロアチアの国内線と長距離バスを利用しました。

・カナダ(バンクーバーイエローナイフ):大学2年秋。バンクーバーに留学中の友達に会うために、共通の友達と2人で行きました。こちらも全て個人手配です。1人旅以外で個人手配するのは初めてでした。こちらも国内線を利用しました。

 

私が行ったことがあるのは、上記の6カ国です。

 決してとても多いということはないですが、大学生になってからは年2回のペースで海外旅行に行っています。

 

私の旅行は基本的に短期間の弾丸旅行で、個人手配になります。

(旅行会社のパックではヨーロッパは1週間程〜と言うのが多いのです。そのため弾丸旅行の場合個人手配する必要があるのです。)

 

個人手配のメリットは、何と言っても、費用を安くできる点です!また、自分の行動パターンなど、希望を取り入れやすいです。

(日本を夜に出発したい、など)

 

また自分が行きたいところを限られた短時間の中で、効率よく周りたいと思っているので、基本的に1人旅が多いです。気を使わなくていいのと、多少の無茶ができるからです。

 

もちろんこのブログで紹介するのは、1人旅に限ったことではありません。友人との旅行にも役に立つ情報を発信していこうと思います。

(但し、5名以上の団体旅行にはあまり利用できない点もあるかと思います。)